最近気になっているのが、ビーチ材。

日本ではブナの木として知られています。

木目がきめ細かく、淡くピンク色がかった乳白色をしています。

新作のグリッドチェアには、このビーチ材をラインナップに加えました。

オークの男性的なはっきりとした木目と対照的な、

きめの細かい斑点のような木目と、優しい質感、淡い上品な色目が特徴です。

軽快で圧迫感が出ませんので、日本の白木の空間にぴったりです。

 

これに合わせて、ビーチ材を使ったテーブルを作ってみようと検討中。

アモックのベストセラー、カーゴテーブルをビーチ材で作るとこうなります。(写真は3Dです。)

 

人気のホワイトオーク材よりも軽さが出ます。

テーブルは、天板に樹種の木目の特徴が顕著に出るので、

節の少ないビーチ材は、繊細でナチュラルな雰囲気が際立っています。

まだ生産に入っておりませんので

お気に召しましたら、お問い合わせくださると嬉しいです。